HOME>ホットトピックス>必要な知識を取得してより多くの仕事を請け負う

どのように専門学校を選ぶか

ゲームといえば、1980年代に家庭用のゲーム機が大きく広がり、その後進化し続けています。今ではスマートフォンなどのゲームが主流になっていますが、家庭ゲーム機もまだまだ健在です。このように、ゲーム自体が非常に重要になってきており、それを支えるゲームデザイナーも重要な役割をはたしていることは言うまでもありません。ゲームデザイナーになるためには、専門学校や大学などをでておく必要があります。特に資格を取りやすいところ選ぶのがよいでしょう。

取得できる場合

ゲームデザイナーになる場合には、資格がなければならない訳ではありません。実際に多くの人が資格を取得していないまでもゲームをデザインしています。しかしながら、これから就職するならばぜひ資格を取得しておいた方がよいでしょう。

国が主体となっているものはない

ゲームデザイナーに関しては、資格がいくつかありますが、いわゆる国家資格と呼ばれるものは存在していません。国がそのような仕組みを作っているのではなく、民間の会社が主体となって資格を作り上げています。有名なものを取得しておけば就職に有利になるでしょう。

どのようにして取得するか

専門学校などに入れば、ゲームデザイナーとしての資格を取得することは十分可能です。まじめに2年間通っていれば、少なくとも卒業までに資格を取得することが可能になるでしょう。この場合、資格取得に力を入れている学校を選ぶことで、より充実した生活を送ることが可能です。